RSS
 

異界万華鏡 ―あの世・妖怪・占い―

国立歴史民俗博物館/編集 財団法人歴史民俗博物館振興会/発行 208p 29.7×21cm 2001年 状態:目立った汚れはなく良好です。

異界万華鏡 ―あの世・妖怪・占い―

価格:

3,000円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる

「あの世とこの世」「妖怪変化の時空」「ウラを読む」「異界を遊ぶ」の4つのテーマで、日本人と異界との関係、過去の人々の想像力を紹介した展覧会の図録です。約300点の資料図版、写真図版をフルカラーで掲載しています。  収録エッセー  精霊船と遺影(山田慎也)  アンガマ(上野和男)  死者との交流(池上良正)  死者の領分(村上興匡)  現代の大学生と四谷怪談(横山泰子)  日常に存在する怪談―マンガ『百鬼夜行抄』より―(八田渉)  百鬼夜行のこと(田中貴子)  超大画像閲覧誕生記(安達文夫)  錦絵と妖怪(大久保純一)  「音の妖怪」との出会い(鳥越けい子)  異界をのぞく(常光徹)  河童登場前史(中村禎里)  河童と人形(神野善治)  占と祈祷(長谷部八朗)  済州島の巫者―生野・生駒につながる世界―(網野房子)  境界から世界へ、越境する占い菓子(中町泰子)  現代の占い(鈴木一馨)  韓国・風水の都市伝説(島村恭則)  収録論考  臨終行儀の復元(神居文彰)  異本『土蜘蛛』絵巻について(伊藤慎吾)  江戸のバイオハザード―妖怪娯楽「からくり的」について(香川雅信)  安倍清明伝説(高原豊明)  会場:国立歴史民俗博物館   

ページトップへ